コラム

産後骨盤矯正は始める時期が大切

出産後は、骨盤が歪みやすいと聞いたことがあっても、なぜ歪んでしまうのかを知らない方が多いのではないでしょうか。また、産後骨盤矯正を受ける場合はきちんと時期を選んで受けることが大切です。こちらでは、骨盤が歪んでしまう理由や産後骨盤矯正を始める時期についてご紹介します。

骨盤が歪んでしまう理由

女性の身体は、妊娠するとリラクシンという女性ホルモンが出るようになります。このリラクシンは、靭帯を緩める役目があり、子宮周りの靭帯を緩めることで赤ちゃんが成長できるスペースを作りだします。最もリラクシンが出るのが出産時で、出産後も1ヶ月は出続けるといわれています。リラクシンが出続けている間は、骨盤周辺が柔らかくなっており、その間に妊娠や出産、育児などで姿勢が乱れてしまうことが骨盤を歪めてしまう大きな原因とされています。

リラクシンは、産後2ヶ月が経過した頃から減少し始め、6ヶ月程度で元の状態に戻っていきますが、この時に骨盤が歪んだままだと、そのまま固まってしまいます。そのため、産後6ヶ月までに産後骨盤矯正によって正しい位置に戻すことが大切です。

産後骨盤矯正はいつから始める?

産後骨盤矯正はいつから始める?

多くの方が早い方が良いと考えますが、出産という大きな役目を果たした身体は思いのほか消耗しています。そのため早すぎる施術は身体に負担が大きく、逆に骨盤がダメージを受けてしまうかもしれませんので、最低でも1ヶ月は身体の回復に努めることが大切です。

出産を終えたばかりのお腹を無理に矯正ベルトなどで締めてしまうと、骨盤の中に収まっているべき内臓が押し下げられて尿漏れや子宮脱の原因になることもあるため注意しましょう。一般的に母子ともに健康と判断された場合は1週間程度で退院できますが、産後1ヶ月検診で異常なしと判断されて産後2ヶ月を過ぎた頃から産後骨盤矯正を受けることをおすすめいたします。

癒鍼では、鍼灸整体の施術を取り入れた多彩なメニューでお客様一人ひとりにあった最適なプランをご用意しております。世田谷区経堂で、身体の疲れを感じている方や産後のポッコリお腹などでお悩みの方は、是非ご利用ください。国家資格保持者とベテランセラピストが対応させていただきます。