コラム

鍼灸の歴史

鍼灸は、鍼やお灸を用いて経穴を刺激する東洋医学です。鍼灸の歴史は古く、長い年月をかけて磨かれた技術です。こちらでは、そんな鍼灸の歴史についてご紹介いたします。

発祥の地は中国

鍼灸による施術が誕生したのは、現代から二千年以上も前の中国だといわれています。戦国時代の文献には、すでに鍼やモグサを用いていたことが記されており、紀元前2世紀頃に記されたと思われる文献にも登場しています。しかし、いつの時代に鍼やお灸が誕生したのか正確に記されている文献は見つかっておらず、神様が考案し民衆に伝えたという伝説もあります。

6世紀の始めに日本へ伝来

6世紀の始めに日本へ伝来

仏教の伝来から11年後の飛鳥時代に、鍼灸は漢方よりも早く朝鮮半島から日本へ伝来したといわれています。そのことは、日本初となる本格的な律令として知られている「大宝律令」に、医師などと一緒に鍼博士、鍼生などの官職が設けられたことが記されています。

室町時代に一時衰退を見せますが、後期になると再び盛んになり、安土桃山時代には金や銀の鍼を木槌で叩いて打ち込む方法など日本独自の方法が考案されています。こうして日本は、中国から伝えられた鍼灸を独自の方法で進化させていきました。

近代の鍼灸

順調に進化を遂げていた鍼灸ですが、明治時代に西洋医学が導入されると、漢方も含めて非正統医学と断定されてしまいます。戦後まで存続の危機に立たされますが、存続運動の末、法律が制定され科学的な裏付けが進んでいきました。その後、1981年に全日本鍼灸学会が設立され、1989年にはWHOのジュネーブ会議にて正式に採用されます。2003年に、鍼灸で用いる経穴位置の国際標準化が開始され、2008年には公式に経穴の位置が定められました。

このように、国際的にも認められるようになった鍼灸は、身体の不具合を調整するだけでなく美容目的でも用いられています。安全性も認識されるようになり、現代では世界でも注目される技術です。

癒鍼は、世田谷区経堂にあるリラクゼーション鍼灸院です。一般的な鍼灸の施術に加え、美容はりも行っていますので、是非ご利用ください。また、鍼灸メニュー以外にも身体ほぐしやアロマボディコースなど多彩なメニューをご用意しております。
丁寧なカウンセリングでお客様に合わせた施術を行いますので、鍼灸が初めてという方も安心してご利用いただけます。施術方法や価格、その他気になる点がありましたらお気軽にお問い合わせください。